人気の商品や話題の商品、気になるアレの人気・話題の理由を調べてまとめてみました!!

最近話題の気になるアレ

美容

PAO(パオ)を安く買うなら楽天?amazon?もどき品に注意!!

更新日:

2014年の7月から2017年の1月までに累計50万本を売り上げるなど、美顔器フェイシャルフィットネスPAO(パオ)は大人気のようです。

人気の理由は数多くありますが、中でも【ほうれい線・シワ・たるみ】の改善効果を認めるものであると、医学誌にも論文が発表されるなど、医学的にも効果が認められているって知っていましたか?

そんな実力派の美顔器フェイシャルフィットネスPAO(パオ)ですが、少しでも安くお得に買いたいですよね?

PAO(パオ)を安く買うには楽天?amazon?

そこで大手通販サイトの楽天・amazonのどちらの方が安くお得に買えるのか調査してみました!!

調べてみると通販限定モデルや、もどき品?など気になるモノも出てきたので、その辺も詳しく調査してみました!!

では、さっそく見ていきましょう。

楽天でPAO(パオ)で検索してみると?

画像で見ても分かる通り、メーカー公式のパオが出てきたのですが、通常のPAOの下に通販限定モデルなるものも出てきました、こちらの通販限定のPAO3モデルについても調べてみたので、後で詳しく書いてあります。

楽天でPAO(パオ)価格は13824円税込みが最安値となっていました。

楽天の場合お得なクーポンやセールがちょくちょくあるので、定期的にチェックしてみてください。

amazonでPAO(パオ)で検索してみると?

コチラはamazonでのPAO(パオ)の検索結果なんですが、新たにセブンモデルなるものまで出てきたのですが、公式サイトで商品情報を探しても見つからなかったので、セブンモデルについての詳細は分かりませんm(__)m

amazonでPAO(パオ)の価格は画像右側の10980円が最安値となっていました。

ですがこちらの最安値のPAO(パオ)は、商品の詳細を見てみると、商品説明の画像が中国語、レビューでも新品を買ったのに開封済みのモノが届いた等、少し怪しいです…

さらに気になるモノを見つけたのがコチラです↓↓

なんとPAO(パオ)の通販限定の3モデルが5800円と激安!!

しかしちょっと待ってください!!

レビューや商品写真を見ると【もどき品】偽物である事が判明(笑)

そりゃ安すぎるよね、しかし偽物と承知の上で購入して問題なく使っている猛者もいるようですΣ(゚Д゚)

PAO(パオ)の最安値まとめ

楽天では13824円

amazonでは10980円

なのでamazonが最安値と言う事になります。

ですが保証面や、口に含んで使う点を考えると、amazonでの低評価レビューは少しリスクがあるように思います。

楽天の公式ショップで買う方が良いのではないかと個人的に思いました。

PAO(パオ)の通販限定のPAO(パオ)3モデルとは?

コチラは私も検索するまで知らなかったのですが、通常のPAO(パオ)とは明確な違いがあるようです、価格も3000円程度安くなっているので、違いについて知っておきましょう!!

カラーバリエーションが豊富

通常のPAO(パオ)はホワイトとブラックの二色なのに対して、PAO(パオ)スリーモデルはホワイト・ブラック・ピンク・グリーンの四色のカラーバリエーションが存在します。

通常版にはないピンクは可愛くて良いですね( *´艸`)

ウェイトの付け替えができない

おそらくこれが通常PAO(パオ)と通販限定モデルのPAO(パオ)スリーモデルとの決定的な違いですね。

PAO(パオ)スリーモデルはウェイトの付け替えができずに一体型となっているようです。

通常版は三種類の重さの違うウェイトを、負荷に慣れてきたときに、より重いウェイトに変えていく事ができるようになっているようです。

PAO(パオ)スリーモデルのウェイトは軽めに設定されているようで、初めてPAO(パオ)を使う方でも難なく扱えるようです。

専用のポーチは通常版だけ

公式の付属品を確認したら、通常版は専用のポーチが付いていたのですが、PAO(パオ)スリーモデルには付いていませんでした( ;´Д`)

マウスピースも若干違う

コチラも公式サイトを確認したところ↓

通常版:W約43mm×D約36mm×H約40mm

3モデル:W約45mm×D約35mm×H約40mm

若干ですが違いはあるようです。

PAO(パオ)スリーモデルの違いまとめ

大きな違いと言えばウェイトの付け替えができない所ですね。

万人に扱えるよう重さに調節し、一体型にした事でコストダウンした商品とゆうことみたいです。

ウェイトの調節が効かないので、効率良く顔の筋肉を鍛える事を考えた場合、慣れてきたので負荷を増やしたいなど、PAO(パオ)を本気でやり込むつもりの人には向かない商品ですね。

PAO(パオ)スリーモデルは手軽な価格となっているので、とりあえず試してみるのには良さそうです。

-美容

Copyright© 最近話題の気になるアレ , 2019 AllRights Reserved.