人気の商品や話題の商品、気になるアレの人気・話題の理由を調べてまとめてみました!!

最近話題の気になるアレ

ハーバリウム

ハーバリウムオイルの代用品はどれがいい?オススメと注意点!!

更新日:

ハーバリウムの認知度はどんどん広まってきてますね。

関連した商品も続々と売り出されていていますが、ハーバリウムを手作りしようとした時に、初心者がまず引っかかるのがオイル選びだと思います。

ハーバリウム専用に開発された、ハーバリウム用のオイルが販売元から売り出されているので、それを買えばまず間違いないです。

ですが、ハーバリウム用のオイルは主成分がミネラルオイルなので、代用できる比較的安価なモノもあるようです。

今回はそんなハーバリウムオイルの代用品を紹介します!!

ハーバリウムオイルの代用品

私がハーバリウムを手作りする時に、色々なサイトや口コミを見て分かった、ハーバリウムオイルの代用品は次のようになります。

ベビーオイル

流動パラフィン

シリコーンオイル

この三つです。

それぞれの特徴を口コミや実際に使用した感想も交えて紹介します。

ベビーオイル

私が初めてのハーバリウム作りで、チョイスしたのはこちらの有名なジョンソンのベビーオイルです。

ベビーオイルの中でもジョンソンのベビーオイルを選んだ理由は添加物の少なさです。

ジョンソンのベビーオイル成分

ミネラルオイル・酢酸トコフェロール

酢酸トコフェロールは合成されたビタミンEでお肌の酸化を防いだりしてくれる成分らしいです。

他のメーカーのベビーオイルには、沢山の添加物が入っている場合もあるようなので、要確認ですね。

引火点については、詳細は分かりませんが、油なので当たり前ですが火気厳禁です( ;´Д`)

普通にベビーオイルを置いてて、燃えたなんて話は聞いた事が無いので、棚に飾ったりしてる分には心配はないと思います。

ベビーオイルを選んだ理由が、ただ少量から買えるって理由だけでしたので、使用する量に合わせて流動パラフィン(ミネラルオイル)で良さそうですよ。

ハーバリウムオイルの代用品として、実際に使ってみましたが、けっこうサラサラしてます。

下のリンクは手作りに挑戦してみたのを記事にしてみました

よければ見てみてください
↓↓↓↓↓↓

百均の電球瓶と野花のドライフラワーで手作りハーバリウムに挑戦!!

みなさんハーバリウムって知ってますか? こんなやつです ↓ ↓ ↓ ↓ 花や植物を瓶に入れ、特殊な液体を入れたものなんですが、これがとにかく綺麗で可愛いです( *´艸`) お部屋に飾るのもいいですが、 ...

続きを見る

こんな感じに花を入れた後にオイルを入れると…

こんな具合に浮き上がったりします(;´・ω・)

粘度の高いオイルなら浮かないんですかね?ただ調べていると、花の種類や大きさ、使うオイルによって様々なようなので、浮かせないようにするテクニックとかも、もしかしたらあるのかも知れません。

また全て100均で揃えたなんちゃってハーバリウムも作ってみたので興味のある方は見てみてくださいね。

ハーバリウム風100均で買える物だけで手作り!最低300円~

今話題のハーバリウムを100均で買える材料だけで作ってみたい! って事で… さっそく作ってみました! 今回は全て100均で買えるものだけで、手作りハーバリウムに挑戦してみたので、用意した材料から作り方 ...

続きを見る

流動パラフィン

こちらはWikipediaを参照してみると、ベビーオイルの原料にも使用され、常温で無色透明で非揮発性、水に溶けずに科学的に安定している物質で、通常の条件で酸化もしない。

とにかく安定している液体で、ベビーオイルに使用されている事で分かりますが、人体への毒性も極めて低いです。

つまり流動パラフィン(ミネラルオイル)にお肌用の添加物を加えたのがベビーオイルとして売られているって事ですね。

用途例を見てみると、チョコレートやお菓子、野菜・果物の天然被膜剤に使われていたり、医薬品のコーティングに使われていたり、私たちの生活で使うものにも幅広く利用されているようです。

ハーバリウム用として1ℓ以上の大容量も売られていますね~。

粘度も#350(メープルシロップ程度)と表記があったんですが、ネットで色々見ていると、シリコーンオイルの方が粘度が高くて、花が浮きにくくて、作りやすいなんてのも見かけたんですが、シリコーンオイルの説明には粘度(mpa・s):50と記載されていて、メープルシロップ程度と書かれており違いが分からない…

ベビーオイルの粘度も分からないので、オイルの粘度関連でも、また詳しい情報を見つけたら追記しますね('ω')ノ

シリコーンオイル

シリコーンオイルに関しては、使えると書いてあるサイトは見かけるのですが、実際に使用している様子や、長期的に使用した結果が載っているサイトがありませんでした。

科学的に安定した液体である事は間違いないですが、使用感や粘度の様子など正直よく分かりません(;´・ω・)

amazonで購入した人のレビューを見てみると、楽器を磨くのに使ったり、車用に購入したりと様々でした、ハーバリウムに使用している情報を見つけたら追記しますね!!

*追記です*

去年の夏ごろにこの記事を書いてからしばらく経ち、ヒルナンデスで紹介されたりハーバリウムはどんどん流行ってきてますね~。

さて本題です。

シリコーンオイルを、ハーバリウムに実際に使用された方の口コミなど、沢山見つけたので載せておきますね♪

シリコーンオイルの口コミ

ハーバリウムの体験教室で、クリアで長持ちすると、オススメされて使っています、透明度が高くて花材が綺麗に映えるので、気に入ってリピしてます。

初めての手作りで色々なサイトを参考にしていました、私は濃度(粘度)と引火点が高い安心して使用できるオイルを探していました、シリコーンオイルを購入しようと思います。

サラサラのオイルよりも花材が浮きにくいので使いやすい!またリピしたいです。

この他にも、粘度が高くて使いやすいって声が多くて、中でも教室でおすすめされたなんて口コミは良い情報ですね( *´艸`)

注意

シリコーンオイルと流動パラフィンを混ぜると白く濁るそうなので気をつけてくださいね

まとめ

実際に私が使用したベビーオイルは今の所大丈夫ですが、今後どれくらいの期間持つのか正直分かりません(;´・ω・)

ハーバリウム自体が流行って長くないので、データがまだまだ足りていない現状なので、高価なドライフラワーやプリザーブドフラワーを使用して、ハーバリウムを手作りする場合は、ハーバリウム専用のオイルを購入した方が良いと個人的には思います。

ですがお試しや入門編的な感じで作るなら、ベビーオイルや流動パラフィンでも十分できますよ( *´艸`)


*追記*

少し前まではハーバリウムオイルの成分は秘密みたいな感じで、高価なハーバリウムオイルが出回っていたんですが、情報が出回ると共に無駄に高い製品は淘汰されてきた印象です(笑)

安価で一般的なハーバリウムオイル=流動パラフィン(ミネラルオイル)

少し高価だけど上質なハーバリウム=シリコーンオイル

みなさんその様な使い分けしている印象ですね。

-ハーバリウム

Copyright© 最近話題の気になるアレ , 2019 AllRights Reserved.